大地窯へのルーツ その2
 全国で大雨が降りましたね。こちらは午後からお日様が出て暑いくらいでした。
ところで、当ブログの閲覧者数が600hitを超えました。大勢の方に
ご覧になっていただいて大変嬉しく思います。感謝申し上げます。

 さて、前回からやきもについて少しお話させていただきました。本日は第2弾
ということで、土器の焼き方の違いについて少しお話をしたいと思います。
古代において素焼きの土器である土師器とそうでない須恵器があるということ
でしたが、両者の焼き方の違いはどのようなものでしょうか。

 まず、素焼きの土師器ですが表面がオレンジから肌色をしています。また、もろ
いものが多いです。素焼きの土器は皆さんもよくご覧になっていると思いますので
、イメージが湧くと思います。これに対して須恵器は灰色をして硬質です。この色
と硬さの違いは焼成の何が要因なのでしょうか。
 その答えは窯焼きの際の酸素量と温度にあります。土師器などの素焼きの土器は
地面に穴を掘り、その中に土器を並べて藁などをくべ火をつけて燃やしました。いわゆ
る野焼きです。酸素が充実した状態で焼いて、温度は800度程度です。全国的に例
は少ないのですが、土師器焼成遺構というものが遺跡から確認されています。
 酸素が充実しているということは、つまりものが酸化しやすいということです。
鉄が酸化して赤錆をつくるのと同じです。つまり、土器が赤いのは土器自体が酸化した
からなのです(実際はもっと複雑だと思いますが)。このように酸素が充実した状態で
焼成を行うことを、酸化焔焼成(さんかえんしょうせい)といいます。
 一方、須恵器は野焼きではなく、登り窯で焼かれます。温度はおよそ1000度
といわれています。ただ途中までは土師器と同じように酸素が充実した状態で焼かれ
ます。しかし、焼成の途中で煙り出しの部分を閉じてしまいます。この時窯内は一酸化
炭素で満ちて、酸欠状態になっています。しかし、火は土器内の酸素を消費して、まだ
燃焼を続けようとします。このとき土器内の酸素が消費されることで酸化せず、さらに
高温で焼くことによって土器は鉄のような灰色になり、硬質になります。
このことを還元焔焼成(かんげんえんしょうせい)と呼びます。
また、この還元焔焼成は「焼き締め」とも呼ばれます。大地窯の作品はこの還元焔焼成
で焼かれているものもあります。

 さて、説明に少し怪しいところもありますが、なんとか古代までの土器をみてきました。
しかし課題はまだまだあります。作品を彩る釉(ゆう)はいかにしてできるのでしょうか。
さらに土器の製作技法はどのように発展して現在までに至るのでしょうか。
続きはさらに次の回でお話したいと思います。

by masa
[PR]
by oochigama | 2008-05-20 23:53 | やきもの講座
<< 36度のフォトグラファー 大地窯へのルーツ その1 >>