大地窯とは その1 〜所在地・作者・管理人について〜
遅くなりましたが、大地窯(おおちがま)の基本的な紹介です。

・所在地 山梨県上野原市
・作者 シュトラッサー・ヴェロニカ(スイス人)1942年生

・陶土は作者の自宅付近で採取した土か、同県白州町にある、
「ミニ・グランドキャニオン」と呼ばれる小さな渓谷にあらわれた、1400万年前の岩石を用いています。
・釉薬も自宅付近で採れる鉄や、草木を灰にしたものを用いています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そしてこのブログを管理しているのは、
主にアシスタントのsai&masa であります。
なぜ作者本人がブログを運営しないのか?!と思う方もいらっしゃると思います。
なぜならヴェロニカさんの自宅は・・・

!TVもクルマもインターネットもない、
山に囲まれた高台に住んでいるからなのです!

外部との接触がどうしても少ない彼女の活動を、より多くの方に知っていただきたく私たちアシスタントがブログをはじめました。

できるだけ、作者の作陶への思いやことば、そして新鮮な内容を皆様にお伝え出来るよう心掛けますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

by sai

c0150665_19593434.jpgc0150665_2002978.jpg
[PR]
by oochigama | 2008-01-30 19:57 | 大地窯とは
<< 代官山での作陶展の思い出(2001) 展示会へ向けて動き出す >>