<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
過去への旅―一冊の画集から―
こんばんは。2月に入りますます寒くなったように思えます。とくに昨日からの雪で久々
に寒い思いをしています。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さて、更新もだいぶ滞ってしまいましたが、5日に久しぶりに大地窯を訪れたことをお知ら
せしたいと思います。今日は雪が降っていますが、その日は3月の気温と同じだったと
記憶しています。大地窯へは久しぶりでったのであれこれとヴェロニカさんとお話しをし
ました。まず、見せていただいたのが真新しい画集でした。分厚くて、私の実家にもある
ミレーやレンブラントの名画シリーズのような装丁で立派なものです。まだ出版されたば
かりのものだそうです。絵は人物画から風景までどちらかといえば抽象的に描かれたも
のでした。本文はドイツ語で書かれているので内容は分かりませんでしたが、Strasser
の綴りでヴェロニカさんのお父さんであることが分かりました。以前、ヴェロニカさんのお
父さんが画家だったことはヴェロニカさんに聞いたことがあったので知ってはいましたが、
作品を見るのははじめてでした。
c0150665_22484816.jpg

ページを開いていくとヴェロニカさんのお父さんの写真がありました。顔の輪郭や鼻の
形がヴェロニカさんにそっくりでした。とても格好いい紳士です。ヴェロニカさんのお母
さんの写真も載っていました。お母さんも綺麗な方で目と口元がどことなくヴェロニカさ
んに似ていると思いました。素敵な家族だったのだろうなと容易に想像できました。
束の間のタイムトラベルを楽しみました。
お茶をいただいていると、面白いコースターを発見しました。なんと大地窯印のコースタ
ーです。これは以前こちらでも「いちじくな日」 の記事を書いていただいたnさんの作品で
す。nさんとても素敵な作品でした。
c0150665_22492277.jpg

今後の大地窯の話や野田尻の昔話やコミュニティの話など話は尽きませんでしたが、
日も傾いてきたので帰ることにしました。いつも大地窯を訪れるとヴェロニカさんに元気
や様々な閃きのようなものをいただきます。家に帰ってから今回の窯焚きで作られた
器で私の好物であるサイダーを飲みました。ヴェロニカさんの器にサイダーを注ぐと
シュワーっと炭酸がある程度飛んでちょうどいい微炭酸になるので私はこの器でサイ
ダーを飲むのが好きでたまりません。至福の時間です。器にも元気をもらいます。
記事には書ききれませんでしたが本当にいろいろなことが起きた大地窯での半日
でした。また、この雪が落ち着いたころお邪魔したいと思います。
c0150665_22494392.jpg

by masa
[PR]
by oochigama | 2011-02-02 00:21 | おもいで話