<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
大地窯の森林について
 もう年が明けて1か月が過ぎようとしています。
遅ればせながらあけましておめでとうございます。

 さて、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、ホームページの方に新しく
大地窯の森林というページを作りました。これは大地窯のプロジェクトなのですが
とても大ざっぱに説明すると大地窯でつくられた湯呑の売上げの10%を大地窯
周辺の自然のために使うプロジェクトです。
 大地窯の森林の構想はスイス大使館へ行った帰りにヴェロニカさんにはじめて聞きまし
た。このときはまだ、自宅の周りを雑木林にしたいというお話で、器の売上げを雑木林作
りに使いたいというものでした。
 その後、昨年4月20日に深大寺へ行った際に具体的にどうしていこうかという話をしまし
た。この時の様子は「森と動物と人と」の記事に詳しいです。そこからたびたび、こうしたヴェロニカさんの構想が語られる機会が何度かありました。昨年7月19日の集まりでも、ヴェロニカさんの口から語られています。

 10月に何度かヴェロニカさんのお宅へお邪魔する機会があり、この一連の構想を進め
る会の名を「大地窯の森林」と名付けたという話を聞きました。そして、この会や活動
のシンボル画を見せてもらいました。まずは、ということで、そのシンボル画をもとに湯呑
に付けるカード作りを行いました。このカードは日本語、ドイツ語、英語で作り、売れた湯
呑に付けています。

 昨年11月14日に本格的な話し合いの場がもたれました。
内容は大まかに大地窯周辺の自然と大地窯自体を今後どういう形で持続させて
いくかというものでした。ここでは、ヴェロニカさんの構想をさらに具体化する必要
があるということで12月をとおして構想を文章化していきました。

 そして、今年の1月24日に第2回の話し合いがもたれました。
参加してくれた皆さんにヴェロニカさんの構想を文章化したものをみていただき、
活動趣旨理解していただきました。
 とにかくゆっくりじっくり取り組んでいくことと大地窯の活動の輪を広げ様々な分野の
方々に参加してもらうということが必要であるという結論に至りました。
 またいずれヴェロニカさんの構想を文章化したものもBlogやHPで紹介していきたい
と思います。

 つい先日ヴェロニカさんから電話をいただき、大地窯の森林の活動の第一歩を自身で
はじめるという話をうかがいました。そして、1月24日の話し合いで4月に大地窯周辺の
自然を探検&お花見という企画がなされました。
 雪がなかなか融けず寒い日が続きますが、春の芽生えのような話題に胸が躍ります。
大地窯の森林の第一歩も追ってこのBlogで紹介したいと思います。
c0150665_17352519.jpg


by masa
[PR]
by oochigama | 2010-02-12 19:25 | 大地窯の森林