<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
大地窯とは その1 〜所在地・作者・管理人について〜
遅くなりましたが、大地窯(おおちがま)の基本的な紹介です。

・所在地 山梨県上野原市
・作者 シュトラッサー・ヴェロニカ(スイス人)1942年生

・陶土は作者の自宅付近で採取した土か、同県白州町にある、
「ミニ・グランドキャニオン」と呼ばれる小さな渓谷にあらわれた、1400万年前の岩石を用いています。
・釉薬も自宅付近で採れる鉄や、草木を灰にしたものを用いています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そしてこのブログを管理しているのは、
主にアシスタントのsai&masa であります。
なぜ作者本人がブログを運営しないのか?!と思う方もいらっしゃると思います。
なぜならヴェロニカさんの自宅は・・・

!TVもクルマもインターネットもない、
山に囲まれた高台に住んでいるからなのです!

外部との接触がどうしても少ない彼女の活動を、より多くの方に知っていただきたく私たちアシスタントがブログをはじめました。

できるだけ、作者の作陶への思いやことば、そして新鮮な内容を皆様にお伝え出来るよう心掛けますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

by sai

c0150665_19593434.jpgc0150665_2002978.jpg
[PR]
by oochigama | 2008-01-30 19:57 | 大地窯とは
展示会へ向けて動き出す
2008年の大地窯の作陶展を行うギャラリーが、先日決定いたしました。
大地窯では基本的に年に一度しか窯焚きを行わないため、作陶展も年に1、2回程度しか行なっていません。あとは自宅のギャラリーでの展示販売となっています。
そのため、ギャラリー選びは大変重要な仕事でありました。

ヴェロニカさんの希望としては、なるべく多くの方に見てもらえるよう、場所は東京で、そしてギャラリーの雰囲気が作品に合っていて、さらにギャラリー周辺の環境も緑が多く、散歩して楽しいところを望んでいました。

そして今回決まったギャラリーは、そんなヴェロニカさんの思いとピッタリ合致するような、理想的なギャラリーなのです!

展示会は9月を予定しているので、詳しい情報はまた後ほどお知らせ致します。
それではみなさま、まだ先の話ではありますが、お楽しみに!

写真は大地窯の登り窯です。

by sai
c0150665_2157358.jpg
[PR]
by oochigama | 2008-01-22 21:57 | 活動コラム
薪をくれた天使さま
みなさまお久しぶりでございます。
今年の一月は比較的暖かい日が続いているように感じます。
とはいえ、大地窯のある山梨県はやっぱり寒い!のです。

大地窯の工房兼自宅では、薪ストーブを利用しています。
そのため作者のヴェロニカさんはいつも道を歩いては、
薪になる木は落ちていないかと目を光らせています。

先日は幸運なことに、近隣に住むFさんという方から、
一ヶ月以上使えるほどの薪を無償でいただきました。
ヴェロニカさんいわく、Fさんは「天使さま」だそうです。

薪集めはFさんのような心優しい方に譲っていただけることもあれば、
ものすごくお金がかかってしまう場合もあります。

残りの冬も、いい薪に出会えますように!

by アシスタント sai
photo コエチ光彦 

c0150665_23574289.jpg
[PR]
by oochigama | 2008-01-13 19:51
新年あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。大地窯も新年を迎えました。今年はさらに
活動を盛り上げていけるよう頑張っていきたいと思います。
また、本HP、Blogともに、たくさんの方にご覧いただけるよう願っております。
末文ながら、皆様のますますのご健勝をお祈りしております。
[PR]
by oochigama | 2008-01-01 17:45