カテゴリ:はじめに( 1 )
はじめに
ごあいさつ

 大自然が持つ美しさやエネルギーを映す器。それが大地窯の目指す
器です。そのために、陶土などの材料を身近な場所から採取し、
感性と感覚で研ぎ澄ましながら成形し、登り窯を用い薪の炎でじっくり
焼き上げています。こうして一つ一つ丹念に作り上げた器に、大自然の
響きを感じていただけたら幸いです。
c0150665_22555941.jpg

 
沿革

 大地窯は1998年に周東来砂(シュトラッサー)・ヴェロニカによって開かれました。
以後数々の作品を生み出し続け、現在に至ります。
c0150665_22562019.jpg


1942年 スイス、ラインヘルデンに生まれる
1965年 バーゼル音楽大学であるSCHOLA CANTORUM BASILIENSISのリコーダー科を卒業する
1973年 チューリッヒ音楽大学にてフルート科を卒業する
1980年 日本に移住
1983年 日本民藝館において最後のフルート演奏会を行う
1989年 創造性を生み出すための仕事場、
~93年 アトリエ・コスモスを山梨県上野原にひらく
1998年 上野原市棚頭に大地窯(おおちがま)をひらく
1999年 山梨県北杜市白州町「べるが」及び「笛吹川骨董生活館」にて作陶展
2001年 東京都代官山「ギャラリー無垢里」にて作陶展
2002年 大地窯に登り窯を築窯
2003年 大地窯にて作陶展
2004年 大地窯にて作陶展
2004年 北鎌倉「浄智寺」にて作陶展
2007年 深大寺「曼珠苑」にて作陶展

作品のコンセプト

 作り手が粘土を自在に扱うのではなく、土が形を成すのを手伝う-土の声を
聞くということに主眼を置いて作陶を行っています。作品から土のこと延いては地
球環境のことを考えていただければ幸いです。


大地窯オリジナルマークについて
△は近隣の山々を、V字はその沢と自身のVeronikaの最初のスペルVを重ねて
大地窯の作品のオリジナルマークとして作品に刻んでいます。
c0150665_22564258.jpg
[PR]
by oochigama | 2007-12-11 22:58 | はじめに