本焼きの窯出し
こんにちは!
アシスタントのsaiです。
前回まで3本立てでshootさんが窯焚きの記録を投稿してくれました。
はてさてその必死に焚いた窯の中は一体どうなっているのでしょうか?
気になる窯出しが先日行われましたのでご報告いたします。

と、その前にランチタイム!ということで実際に当日食した
トマトと野菜たっぷり煮込みソースのパスタです。

c0150665_2035785.jpg

ポイントはトマトの皮を湯むきすることです。甘くなりますよ〜

それではいよいよ窯出しです!

その日は写真家のコエチさんと息子のメイ君も来てくれました。
窯の中の温度は50度です。まずは3部屋ある登り窯のうちの2部屋目の蓋を開けます。高く積んだ器を載せた棚が崩れていなくて一安心・・。
今回は新作に加え前回の窯焚きで一度焼いたものを再び焼く、2度焼きの焼き締めの器も多くありました。そうした器たちはどれも良質な焼き締めの器になりました。
一番目の部屋は楽しみにしていた花瓶が割れてしまっていたり、残念なものもありましたが、予想以上にすてきな灰かぶりの花瓶が出来たりもしました。

前回の窯焚きの作品に比べ、今回の作品は品がよく、
より端正な雰囲気を醸し出しています。
また優しく、女性的な感じでもあります。
昨年は釉薬の器があまり上手くいきませんでしたが、
今回は大きな失敗はなかったと思います。ただ登り窯で希望の釉薬の色をだすのは難しく、今後も試行錯誤が必要だと思われます。
そして今回は、作品の形態も湯呑みやお椀などの日常づかいの器が多くを占めています。また、今までにないほど薄く軽くできています。とくに湯呑みは空気のようにふわっと軽いです!
たぶん、この薄さが使用している棚頭の土の限界ではないかと思われます。

このような器たちを、ぜひぜひ多くの人に使ってもらえたらなぁと思います。
素朴ではございますが、料理が映え、和洋中なんでも合います。
晩秋の頃に東京で展示会を行う予定ですので、みなさまどうぞ足をお運び下さい!
細かい日程が決まりましたら、また改めて報告させていただきます。

by sai
c0150665_21455284.jpg

[PR]
by oochigama | 2008-09-16 20:06 | 活動コラム
<< 大地窯展のお知らせ 本焼き ~急~ >>