棚頭の土との出会い
みなさま、こんにちは。
雨が降るたびに春に一歩近づくこの頃、いかがお過ごしでしょうか?
大地窯のある山梨では、いよいよモクレンやコブシの花が咲き始めています。

さて今回は、大地窯で用いている陶土の、「白州の土」と「棚頭の土」のうちの、「棚頭の土」との出会いについて、お話しさせていただこうと思います。

そもそも「棚頭の土」とは、作者の自宅から採取される赤土のことです。

出会いは今から約20年前、ヴェロニカさんが現在暮らしている山梨県上野原市の、棚頭という地域に移り住んだことがはじまりです。

当時粘土を探していたヴェロニカさんは、家の近所の山を歩き、粘土を探しまわっていたそうです。
ところが、粘土になりそうな土はなかなか見つかりませんでした。

そしてある時、白倉さんという当時80歳のおじいさんが、ヴェロニカさんの家に何気なくやって来ました。
そこでヴェロニカさんは、「どこかに粘土になるようないい土はないか」
と白倉さんに聞いてみたそうです。

そしたら白倉さんは、ヴェロニカさんの家は山裾に建っているので、あらわになっている山土を取り、それをなめ、
まるで ”あなたバカね” とでも言うような顔をして、
ヴェロニカさんの目をじっと見たそうです。

そして言いました。
「これも粘土だ。」

その時の衝撃を、ヴェロニカさんは”目が覚めた”と振り返ります。
探していたものは、足元にあったのですね。

しばらくその土を水につけて置いておいたら、粘りが出て本当に粘土になりました。

ヴェロニカさんの話によると、白倉さんという方は、観音様のようなとても美しい顔をしていたそうです。
その美しさとは、長年生きてきた中で味わった苦しみや悲しみや喜び、そして繊細な感性など、いわば生き様の美しさが顔ににじみ出てるということなのだと思います。その表情はあらゆるものを包み込むような愛情に満ちたものだったでしょう。

今でも白倉さんの顔は、ヴェロニカさんにとって決して忘れられません。
ぜひ彼の顔を写真に撮らせてもらいたいと、切に望んでいました。
ところが、時は待ってはくれず人は確実に歳を重ね、
白倉さんもまた土にかえっていきました。

人もいつかは土になると思うと、土と人とは実は兄弟のような存在なのかもしれません。
何気なくある土の中には、さまざまな生命や、鉱物や、言葉では表現できない無類の粒子がつまっているのだと思います。
まるで宇宙のような粒たちをこねて、成形して、器にして、
日々の道具として使用する。
そんな陶芸の魅力は、やはり土という宇宙を身近に感じられることなのではないかと思います。

棚頭の土を教えてくれた白倉さんには、あらためて感謝したいと思います。
そして永遠にその魂も健やかであることをお祈り申し上げます。

by sai
c0150665_0292452.jpg

[PR]
by oochigama | 2008-03-20 20:05 | 大地窯とは
<< 大地窯の湯呑み 陶芸教室の思い出(1988~1... >>