「大地窯作品展」を終えて
猛暑と梅雨寒が続きますが、皆様いかがお過ごしですか。
さて、6月30日をもちまして「大地窯作品展」が無事終了いたしました。
ご来場いただきました皆様おかれましては、わざわざ足をお運びいただき、
感謝申し上げます。
ご来場いただけなかった方にも会場の様子を少しお伝えできればと思い、
ヴェロニカさんの「大地窯作品展」に寄せたメッセージと会場写真をご紹介したいと思います。

「大地窯作品展」に寄せて(6月17日山梨の自宅にて)

 2011年3月11日に、東日本大震災とそれに伴う原発事故が起こりました。
津波によって多くの命や、景観が失われ、特定のエリアには人が立ち入る
ことが出来なくなりました。震災に直面し、これまで当たり前のようにあった
自然、いつも私の身近にあった「野の花」も、当たり前の存在ではなくなって
いってしまうかのような印象を持ちました。草花が呼吸を止めてしまった大地。
日本では、今も各地で原子力発電所が稼働しています。
 私はこの破れた島、ところどころ穴が開いたような島を、焼き物で何とか作り
たいと考えました。そしていつものように、窯焚きに取り組んだのです。しかし
この試みは、結果として技術的になかなかうまくは出来ず、作ろうとした作品は
窯の中でほとんど溶けてしまいました。そんな中、不思議なことですが、窯焚き
の火の力で、いくつかの一輪挿しと、私が表現したかった不穏なイメージを感じ
させるような作品が、残りました。これは火が実現してくれたことでした。
 
 これまで作品展を行うと、その売り上げの5%を森の再生の支援のために寄付し
ていました。しかし今回の作品展では、震災によって親を失った子どもたちのため
に、売上の5%を支援したいと思います。

 窯焚きは1年に1回行いますが、毎回失敗するところがあり、そこから何らかの学
びのプロセスがあります。今回は窯に入れた作品の3分の2が溶けてなくなってしまい、
3分の1しか使える焼き物が残りませんでしたが、棚頭の土と白州の土、どちらの土の
作品もこれまでに無い新鮮な表情を見せてくれています。今までで、一番良い色が出て、
灰かぶりもとても美しいです。
 棚頭の土色はとても渋くて、失敗を続けながらこの色を追求してきました。あまり強
めても、特徴が無くなってしまうのです。
 白州の土色は薄めの色ですが、窯の中に配置する場所によって焼き色の変化を見せて
くれたり、これまでになく珍しい焼き加減で実現されたりしました。
 窯焚きは、このように毎回、毎回新しい出会いがあり、焼き物ひとつひとつ違う表情
を見せてくれます。窯からの大きなプレゼントです。わたしはこの贈りものに、いつも
感謝の気持ちを持っています。
 皆さまにもそんな作品たちとの出会いを、体験して頂けたら嬉しく思います。


c0150665_0123559.jpg

原発とそこから逃げる子どもたちを表現したオブジェ。来場者の方々に震災を忘れ
ないようにと、子どもたちの人形を1つ持ち帰っていただきました。
c0150665_014296.jpg

今までの大地窯の器とはまったく違う新しい色合いの器でした。
c0150665_0132056.jpg

会場の様子。

by masa
[PR]
by oochigama | 2013-07-27 00:19 | 展覧会のお知らせ
<< 展覧会のその後 「大地窯作品展」のお知らせ >>