焼き締めのお手入れ
早いものでもう10月。
小菊や藤袴、ツリバナなど様々な実物が見られ
秋の始まりを感じるこの頃ですね。

前回のmasaさんのスイス大使館訪の件からちょっとコーヒーブレイクし、
今回は大地窯の器に多い、焼き締めのお手入れについて、簡単にお伝えしようと思います。

・ご購入後すぐ

焼き締めは土の粒子が粗く、施釉もされていないため水漏れすることがあります。
そのため使用前に、大きな鍋などに器を入れ、
水を張り、小麦粉やお米を入れて沸騰させます。
そうすることで、器面がコーティングされ水漏れしなくなります。
また、焼き締めだけでなく、白っぽい器(志野など)も汚れが目立ちやすいため、
同様の処理をすることをお勧めします。


・洗い方

焼き締めは表面がざらついているため
タワシてゴシゴシ洗って汚れを落とします。
そしたら布巾で水分を拭き取り、乾燥してから食器棚にしまいます。
汚れや水分が残ったままの状態が続くとカビの原因になります。

ささいなことですが、このようなことに留意して、
長く器とお付き合いしていきたいですね。


ところで、現代焼き物作家事情に精通している、日野明子さんは
著書「うつわの手帖」の中で、

『時々思いのほか水を吸い込んでびっくりすることがあります。
「器を育てる」といいますが、つくづく焼き物って生き物だなぁと思います。』

と語っています。

本当に、日々の暮らしの中で器は様々なものを吸収し、
少しづつ変化していってるように感じられます。
器が健やかに育ちますよう、おいしいお茶をいれたり、
きれいな花を活けたいものですね。

sai

c0150665_9355344.jpg


c0150665_102912.jpg

[PR]
by oochigama | 2009-10-02 08:59 | やきもの講座
<< 作品の整理とネットショップ開設準備 スイス大使館へ >>