「ほっ」と。キャンペーン
あけましておめでとうございます
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

こちらのBLOGも長く更新しておらず、ご心配をおかけしたかもしれませんが、
ヴェロニカさんは日々作陶にいそしんでおられます。
久しぶりに昨年末ヴェロニカさん宅をお邪魔しました。
展示会への意気込みや近況についてお話を伺いました。
大地窯の森林もずいぶんと大きく成長していました。
c0150665_14531596.jpg

大地窯の活動が今年もさらに発展していくことを祈っています。
c0150665_14535967.jpg


by masa
[PR]
# by oochigama | 2017-01-01 14:54 | 活動コラム
大地窯展−若者たちと大地窯の出会いによる作品展−
秋らしい爽やかな晴れ間が見られるようになりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

根津「LIBRE」での大地窯展覧会が近づいてまいりました。
こどもとアーティストの出会いの場をつくる「もび」では、2013年より約1年2ヶ月をかけてヴェロニカさんのアトリエ訪問を行いました。子どもから大人まで様々な人がヴェロニカさんのもとに集い、土を探すところから陶器づくりを教えていただきました。
今回の大地窯展ではヴェロニカさんの作品とともに、陶器づくりにとどまらなかったこれらの活動の様子と、参加した方々の作品の一部やよせられた詩、また新美志保さんの撮ってくださった記録写真をあわせて紹介させていただきます。

ヴェロニカさんは全ての日に在廊なさる予定です。
最終日には笙奏者の大塚惇平さんと「もび」主宰の西井夕紀子による小さな演奏会(投げ銭制)を予定しております。

このような機会をくださったヴェロニカさんに感謝をいたしますとともに、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

西井夕紀子

============================================
「大地窯展」−若者たちと大地窯の出会いによる作品展−

2015.9.25(金)― 10.4(日)

11:00am─7:00pm(月曜定休)
最終日10.4(日)3:00 pm─ 大塚惇平(笙奏者)と西井夕紀子(作曲家)によるライブ演奏 投げ銭制

会場:「LIBRE」
〒113−0031
東京都文京区根津2-29-4
(東京メトロ千代田線根津駅より徒歩5分)
tel.03-3827-1925

c0150665_17343659.jpg

写真:新美志保
[PR]
# by oochigama | 2015-09-21 18:19 | 展覧会のお知らせ
大地窯展
猛暑が続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

6月のFive Hands 〈五つの手〉は盛況のうちに終えることができました。
ご来場いただきました方におかれましてはこの場をお借りして感謝申し上げます。

さて、ヴェロニカさんより秋の展覧会のお話を伺いましたのでお知らせします。
今回の根津での展覧会は前回の2013年の展覧会から2年ぶりとなります。
会場へ足をお運びいただきご覧いただければ幸いに思います。
皆様のご来場をお待ちしております。

-------------------------------------------------------------------------
「大地窯展」

2015.9.25(金)― 10.4(日)

会場:「LIBRE」
〒113−0031
東京都文京区根津2-29-4
(東京メトロ千代田線根津駅より徒歩5分)
tel.03-3827-1925

c0150665_20574556.jpg


by masa
[PR]
# by oochigama | 2015-08-10 21:10 | 展覧会のお知らせ
Five Hands 〈五つの手〉のお知らせ
こんばんは。
新緑の眩しい季節になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、ヴェロニカさんより、展覧会のお知らせをいただきましたので、
下記の通りお知らせします。
5名の作家による共同展覧会となります。
ぜひとも足をお運びください。

Five Hands 〈五つの手〉のお知らせ
会期:2015.6.12(金)~6.18(木)
    10:00~19:00(初日は準備でき次第、最終日は17時まで)
場所:八ヶ岳倶楽部ステージ
 〒409-1501
  山梨県北巨摩郡大泉村西井出8240-2594

c0150665_22444346.jpg

フライヤー表

c0150665_22445591.jpg

フライヤー裏

by masa
[PR]
# by oochigama | 2015-05-13 22:45 | 展覧会のお知らせ
器のお披露目
こんばんは。
久々の更新となります。
寒い日々が続く今日この頃皆様いかがおすごしでしょうか。
このblogも7年目を迎えました。引き続きご覧いただければ幸いです。

さて、前回お伝えしました「もび」の方々と子どもたちが
つくってきた器のお披露目を2月1日に行いました。
当日は方々から10名を超える方々がご参加しました。

お昼に集まり、皆さん総出でおつくりになったピザやパスタを
ごちそうになり、その後、野焼きをした器の掘り起こしを行いました。
c0150665_21414086.jpg


冷たくなった灰の中から器が次々と掘り起こされる度、参加者から歓声がわきました。
器は、数千年も土の中に眠っていた土器のように、割れてしまっているものもありました
が、ひとつひとつ作り手が形を覚えていて、かけらを灰の中から集めて、くっつけてい
ました。
c0150665_2141542.jpg


器を取り出して、一段落し、参加者でハーモニカと笙の演奏会をおこなうことなりました。
この日は後藤健二さんの悲報が伝えられた日でもありました。
ですので、この日は参加した誰もが胸を痛めていたと思います。
演奏会では、そのことを言葉にしようという提案もありましたが、
皆の思い思いの言葉にならない声を出すことにしました。

床を響く重い声、部屋の空を舞うような高い声、子どものはしゃぐ声
それらは別々の思いを持ちながらもどこか、いくつかの交わる点を
持っていました。そして、おしまいの声も無いのに、すっとその声は
瞬間に止まりました。

後藤さんのことと、この人々の声がどういう意味をもつのかなど
それらをここで、あれこれ書いてしまうのは、あの声の余韻をか
き消すようで、また言葉として思いが書き起こされていく中で語りえ
ぬ思いが消え去っていくような気がして、私はここで語りえる言葉を
持ちません。

帰路に着き、この日のことを思い起こしている時、
今回、参加していただいた方から詩を贈っていただきました。
この詩を読んだとき、この詩が私が語りえぬ言葉を掬ってくれていることに
気がつきました。きっと誰しもが抱いた気持ちの一端を掬う詩だと思いました。
最後にこの詩を紹介させていただき、この記事を締めさせていただきます。
c0150665_2144355.jpg


追記
もびのblogでもこの日のことをおまとめになっています。
リンクを貼らせていただきましたので、ご覧になってください。
http://mochihakobi-mobi.com/newslist

by masa
[PR]
# by oochigama | 2015-02-09 21:46 | 活動コラム